2015年01月14日

風刺画やヘイトスピーチについて

小さい頃、教えられ学んだことがある。
「人の嫌がることをしてはいけない」ということ。
言論の自由は、人を傷つけることも言えるという自由ではない、という意味だと理解している。お互いに尊重し合おう、ということだと思う。
今、問題となっているヘイトスピーチもそうだが、フランスでの風刺画にも同じ問題点を感じるのは私だけだろうか?
もちろん、暴力が許されるわけではないのは当たり前だ
が、今回のように、言論の自由の名の下に同じことをやり返すのでは、同じ土俵に乗ってしまうことになるし、新たないさかいの連鎖を呼ぶのではないだろうか?

本来、風刺画というのは権力に対するペンによる批判である。似たような価値観を持つ世界では理解されるのであろうが、そうでない場合、どうなのだろう。
自由の根本は他者を尊重することである。異文化の価値観にたいする配慮は、なされてしかるべきだと思うのだけれど。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150114-00050144-yom-int
posted by ultramomosan at 22:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: