2011年01月27日

芸術とアートの島・直島

今日はリニューアルする雑誌「FiTs」の特集企画の取材で直島を歩いた。

 その企画の内容はまた別の機会に述べるけれども、あらためて芸術の持つ力強さ、今風に言えばパワーとでもいうのか、その圧倒的な力に心が躍った。
一つは地中美術館、もう一つは李禹煥美術館。

 今まで何度か直島を訪れる機会があったにも関わらず、この二つの美術館には行くことはなかった。理由は、走るために行ったから。私にとって、美術を鑑賞することと走ることは対極にある気がする。心と体が踊った状態では面と向き合って言葉を聴くことはできない。大原美術館に走ってゆくこともあるが、そのときはただジャンヌという友人に会いに行く感覚だからかもしれない。今回、歩いて行けてよかった。
地中美術館。そのために作られたというモネ「睡蓮」の連作。自然光で見られるのは美術館は世界でも数少ない。「自然光で見てほしい」とのモネの遺志を汲んで、安藤忠雄さんが設計されたという。時の淘汰を経た芸術の持つ静かな力、心に中に湧いてくるような力を感じた。
若いけれど、リ・ウーファンさんのいくつかの作品にも同じような力と新しい息吹を感じた。付近に点在する象徴的なアート作品群の中から、いくつの作品がこうした時の淘汰に耐えうるのだろう。

時間の関係で今回は千住博さんの「滝」をみることができなかった。いつかゆっくり泊りがけで訪れたい場所だ。
また一つ、いいものに出会うことができて、今夜は暖かな気持ちで眠れそうだ。
naosima_127_2.jpg
posted by ultramomosan at 22:39| Comment(0) | 芸術
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。