2013年10月27日

UTMFの環境への影響について

気になっていたUTMF(トレイルラン)の環境への影響をレポートしたブログを見つけた。

http://koyoshina.cocolog-nifty.com/fuji/2013/05/13-042000-8b7f.html?cid=82700637#comments

このブログの作者は、ずっと読ませてもらってた「カリフォルニア針葉樹の森 見て歩る記」の作者と同じかたなのどうか?

今回、成り行き(一度は出て見ておかないと意見を言えないと思って)と、走ってみたい!という勢いでUTMFへの参加を申し込んでしまったが、このようなコース設定をする限り、自分としては走るわけにいかない気がしてきた。

UTMFのサイトには環境問題への取り組みはこう書いてある。

*******************************
本大会の開催決定以来、実行委員会は所轄官庁や多くの自然保護関係者、周辺地域に居住する方々と協議を重ね、また第一回大会では、自然環境への影響についての調査を行うなど、自然保護に関して最大の配慮を行ってきました。
その結果、トレイルへの影響は全体として大きくはないものの、注意の必要な区間や環境条件があることを把握しました。残念ながら、ゴミも一部ですが見られました。豊かな自然を守るとともに、その自然によって多くの人が恩恵を受けることを願う気持ちは、私たちも自然保護関係者も同じです。次回大会では、第一回の結果を踏まえ、より環境に配慮した大会運営を計画しています。
今後、トレイルランニングがアウトドアスポーツのひとつとして広く認知され、継続的に活動が可能になるためには、参加者の皆さんの協力が不可欠です。参加者ひとりひとりが、明日のトレランの命運を担っていることを強く意識し、試走、レー スに臨まれることを期待しています。
なお、本大会のコースづくりと 環境に関する計画については、多くの方のご助言をいただいております。記して感謝いたします。
UTMF実行委員一同
*******************************(以上公式サイトより)

悲しいことだけど、このギャップはどうして起こるんだろう。
見ようと思わなければ見えない。

心不在焉、視而不見、聴而不聞、・・・だ。

この夏あたりから、faebookにかまけてしまい、こちらの更新がおろそかになってしまっていた。
やはり、自分のスタンスを忘れてはいけない。
また、こちらにはっきり残してゆこう。
posted by ultramomosan at 06:14| Comment(0) | ランニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: