2014年05月02日

GW、ひさびさの走り遍路

CA3I02910001.jpg今回は、足摺岬をパスして宇和島から松山まで。
3日間のゆっくり遍路と、久万高原で、忠政くんのトレラン登山イベントに参加。

朝早い列車に乗って、ふと(もう何年こんなことやってるんだろう)と思った。思い起こせば初めての走る旅は1987年のことかな…同じGWに長崎から広島まで のランニングを思い立ち、長崎CTCの林さんに見送っていただき、浦上天主堂をスタートした。
午後から降り出した雨は集中豪雨となり、34号線も長崎本線もストップ。どしゃ降りの雨の中、鳥栖に着いたら旅館は満杯。なんとかものすごいボロ旅館の布団部屋に泊めてもらい、翌日も豪雨の中を小倉まで。3日目の朝、吐き気もありトイレにこもったら、初めて見る真っ黒いウンチ。吐き気はものを食べる度にひどくなり、楠あたりで嘔吐、吐瀉物に血が混じっていて怖くなり、トライアスロン仲間の医師に相談すると、すぐに戻れと言うので、中止して彼の医院へ。休みなのに検査してくれ、胃潰瘍であることがわかった。
「親指くらいの穴が空いとるからしばらくはランニング禁止。それにしても大っきな心臓じゃが、毛だらけじゃろうな」
と言われたのはまだ覚えてる。

あれから27年、走る距離もスピードも、めっきり落ちたが、まだ走れることに感謝、感謝。家族に一番感謝。

特急いしづち103号松山行きの車中から。
それにしても、便利な世の中になったもんだ。
posted by ultramomosan at 07:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: