2014年05月23日

Wester States, again !

90年代、このトレイルを走り続けた。
http://www.ultrasportslive.tv/official-western-states-endurance-run-course-preview/
カーブの一つ一つを覚えている。忘れられない風景がある。

雪の残る冷気の中のスタート。高鳴る胸を抑えられなかった。最初の登り、どんどん抜かれて行く時の胸のざわつき。でも「ゴールしたとき自分の前にいるのはこの中の一握りなんだから落ち着け」と言い聞かせる。

エミグラントパスで振り返るとタホ湖の向こうに朝日が昇る。
雪でダンカンキャニオンまでエイドのない年もあった。
始めてクルーと会えるロビンソンフラットでは熊にもあった。
ダスティコーナーまでのロードの苦しいこと。ラストチャンスの膝が悲鳴をあげる下り、上がり続ける気温は谷底では40度を超える。
http://www.ultrasportslive.tv/official-western-states-endurance-run-course-preview/
デビルズサムの登り、道端で泣いていたジョーンズさん。
午後二時の焼けつくエイド・ミシガンブラフで食べたアイスクリームのおいしかったこと。ボルカノキャニオンからフォレストヒルへの登りで出会ったシドニーメルボルンの戦友Randi "Rocky" Bromka。


フォレストヒルからアメリカンリバーへの長い下り、毎回予備電池をどこに置くか迷った…カリフォルニアループ。いつもこの下りで胃をやられた。
はじめて見たラッキーチャッキー、まぶしかった。川の両岸からライトで照らされる水の中で支えてくれるボランティア。冷たい雪解け水の渡渉、気持ちよくて川の中で立ったままのランナーもよく見た。
WS-51.jpg

グリーンゲイトへの登りには必ずスカンクがいた。
ブラウンズバーまでのローリングするトレイルでは鹿の目に何度であったか。
バッファローチップスがまだブラウンズバーを担当してた頃、走ってたどり着くと、赤い悪魔がいたなぁ。
ハイウェイ49からノーハンズブリッジまでの下り、いつもペーサーを置いてけぼりにした。ゴールまでの区間でベスト10に入ってたこともあったな。
ノーハンズブリッジはいつも闇の中、はじめて夜明けに通って橋を見たとき、川の美しさに絶句した。

友人の伴走が許されるロビーポイントからゴールまで。最初のレースではクリスの背中だけを見て爆走し、気が付いたらRDのノーマンさんに助け起こされてた。
ws100-2.jpg

高校の体育館のなが〜いアワード。一人ひとりバックルを貰いに前に進み出る。その時の誇らしさ。

60歳代、もう一度シルバーバックルを目指して走りたい。

Dick Laine, RIP
posted by ultramomosan at 07:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: