2013年04月30日

歩き遍路・伊予編(三間・宇和〜大洲〜内子)

久し振りの歩き遍路旅、いつものメンバー。

P1040805s.jpg P1040871.jpg

メンバーに故障者が出たりして、初日以外は2組に分かれて歩いた。
私らは2日目は、大洲から別格本山の金山出石寺を往復の約30km、3日目は宇和町から、大洲を経て内子までの32km。出石寺は標高800m。
前夜、UTMFのゴールから完走の声を聞いたりしていたので、ちょっとテンションがくなり、ついついペースが速くなった、なので、カナダさんと妻は、きつかったようで・・・すみません。

しょにちの歯長峠、出石寺道、ともに素敵なトレイルだった。宿毛を出て、愛媛県に入ってからは、ほんとうに手入れされた遍路道が続く。ランニング遍路は高知県窪川で止まったままなので、何回かに分けて、早く追いつきたいものだ。

67kgあたりまで落ちてた体重が、遍路のおかげで69kgに戻ってしまった。
66kgまで落とさないと、故障の原因になるので、5月前半までは、距離があまり伸ばせなさそう。40km程度で、抑えて行こう。
6月中になんとか100qを踏めるように持って行き、7月は24時間を2回程度はやりたい。

ウェイト練習も入れておかないと、肩と胸の筋肉が落ちているので、ザックの荷重に耐えられなくなりそうだ。

写真
posted by ultramomosan at 19:33| Comment(0) | 遍路

2012年10月21日

遍路…今治周辺

この週末、今治周辺の遍路に出た。
木曜に見た「The Way」に触発された妻の希望で、まだ行ったことのない遍路に行くことになった。高知と今治、高松市内のどれかだったが、高知は、マスターズ全国大会と四万十100kmがあって宿は全くなし。
で、今治に出かけた。
土曜日、今治の泰山寺〜西条の前神寺を二日間であるいた。
横峯寺もさることながら、仙遊寺の上り坂にある「内海源助の墓」を妻に見せてやりたかった。
CA3E0412.jpg
源助は天明三年(1783)南部八戸藩の足軽の家に生まれた。この年は歴史に残る「天明の大飢饉」が始まった年。三年続いた飢饉により、奥羽地方の餓死者は十万人を超えたと伝えられている。「牛馬犬猫はもちろん草木の根まで食い尽し…両親は人倫に目をつぶり、赤子の源助に人肉を食わせた」と、山口崇さんの「浄土はどっちだ?」に書いてある。長じてこれを知った源助は絶望のあまり旅に出、第五十八番仙遊寺に差し掛かった辺りで力尽き、人を食べたという苦しみから、解放されたと・・・私は思う。

しかし、今更ながら、30代の自分の体力と、今の体力の差を実感した。

今治と言えば「バリィさん」。せっかくなので、ゆるキャラストラップを買って帰った。
CA3E0415.jpg

posted by ultramomosan at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路

2012年10月15日

歩き遍路

先週土日は、木曜日からの走り遍路を終え、相棒たちと合流し、歩き遍路西土佐編のスタート。

私は、いろいろあって竹林寺〜土佐阿波までは、飛ばして、今回の37番札所窪川の岩本寺までから再開。
この土佐阿波〜久礼までの海岸は、ほんとうに美しい、私は日和佐あたりよりも好きだ。

4人のおっさん遍路隊はがやがやしゃべりながら、海岸・断崖を進んでゆく。ふと崖傍に車を止めて暗い顔をで座り込んでる若者に遭遇。挨拶しても軽く会釈したかしないか、何かおかしい。皆で首をかしげながらしばらく歩いていると、ピポーピポーがやって来る。消防車もやってくる、それも2台。振り返ると、先ほどの若者がいたところで、消防隊員やら救急隊員やらわらわらと騒いでいる。
「誰か、身投げ?」と遥か下の断崖をみると手を振っている人がいた。何事かと、しばらく見ていると、パラパラパラとヘリコプターの音。
これは大ごとだ!と写真を撮った。相棒たちはカメラを回してる。
ことの一部始終を記録した動画は、いつアップされるのか。

新聞を探したが、該当する記事はみつからなかった。
posted by ultramomosan at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路

金剛頂寺〜善楽寺

前回、母の転倒事件で途中切り上げた26番札所から再開。
楽に走れるようになっていたが、腰が良くない。前回から腰が痛くなっていて、途中で息が止まるくらいズキンと来ることがあった。草刈り機を力まかせにブンブン振り回す日々が続いたことから、腰が張ってた。
それが前回の60kmで、ズキンと来た。

今回も恐る恐る走った。荷物が4日分なので、重いもの気になった。
ああ、情けない・・・でも、まぁ何とかズッキンとなることもなく、高知県の難所27番札所神峯寺まで登り、予定の4時を大幅にオーバーして日暮れ前に安芸の宿に。

この春に神峯寺に参ったとき、まだ工事中だった。入院中の父のためにお札をいただいたが、きっと役にたった、と思いたい。境内の切られた2本の大木…切株を見るのはつらいなぁ。
今、四国各地で寺社や山中の大木が、毒を注入され枯らされる事件が頻発しているという。枯らされて少し経つと、東海地方の木材業者が買い取りにやってくる仕組みだとか…。
なんという罰当たりなことをするか。

2日目は、安芸から28番札所大日寺、国分寺、善楽寺から竹林寺前まで。2日間合計90kmほどか。
いくら走っても、腹はなかなか凹まない。

昨日の、NationalGiographicの写真はガーネット湖。今年は行けなかった。
http://photography.nationalgeographic.com/photography/photo-of-the-day/garnet-lake-essick/
posted by ultramomosan at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路

2012年08月12日

今日は最高の暑さ

明日からいろいろとある週になりそうなので、今日は一日休みにして、遍路に出た。ずっと使ってた納経帳は、先日、父に持って行ってもらったので、次は母のために、新しい納経帳を作りに出かけた。
8時半に、一番札所霊山寺を後にし午後2時に六番札所安楽寺で打ち止めにした。

それにしても、暑かった。
日差しもさることながら、風がなかった。というよりずっと追い風微風。新しいシューズで平地を長時間歩いたのは初めてだったので、さすがに踵に痛みが出た。登山とはやはり違うな。

先日、大山の下山路、大神山神社奥宮の少し奥のもりで、久しぶりに大杉にお目にかかった。巨樹本に名を連ねてないけれど、私の知る限りでは国内で最も大きな杉の部類に入ると思う。
今日の遍路でも、何本かの大楠に出会えた。そういえば、長いこと「加茂の大クス」とお話をしてないなぁ、と思い、落ち着いたら会いに行きたいものだ。
posted by ultramomosan at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 遍路