2013年07月09日

転作田の整備

今年から稲の作付けをやめた田の排水溝を掘った。畑にするには畦を切って排水できる溝が必要。
1003674_466012710139856_1871863310_n.jpg
田の畦を切るとき、胸が痛んだ、父と祖父が作った田だったので。
この田の下には大きな岩があって深くは掘れない。U字溝を埋めようと、掘ってみてわかった。二日かかったか、苦肉の策でU字溝を伏せて排水し、上をトラクタが通れるようにした。
おかげで、炎天下の耕耘は20分もかからなかった。
しかし、家の前の畑は小さな耕運機でやるしかなかった。炎天下での2時間の耕耘作業は苦痛以外の何物でもない。半年かけて育てても小豆の売上は5・6万円。母の希望で4万円の捲種機を買った。2回しか使っていない畦立機は15万円。
原価意識があれば、農業は成り立たない。
posted by ultramomosan at 21:49| Comment(0) | 農業:葡萄・稲作

小豆畑耕耘、畑の排水溝

今日も暑かった。めちゃくちゃ暑かった。
田→畑の排水溝整備、小豆畑の耕耘、畦立て…炎天下での4時間農作業。この小豆の売上は5・6万円くらいだろうか(^^;母の趣味なので、やらないわけにはゆかない。私がやらなかったら、自分でやろうとするので・・・熱中症が怖いなぁ
葡萄棚の中はいくらか涼しいので、つる切りや新梢切りでもやってくれると安心なのだが・・・
P1050499.jpg
posted by ultramomosan at 21:36| Comment(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年06月18日

葡萄講習会〜収穫期までの注意

今日は父の命日。一年になる。

去年は、二度目のGA処理が終わって、病院に行き「終わったよ」と言ったら、父は頷いてくれた気がした。最後の三日は麻薬が効きすぎて、いつもうとうとしていた。18日の未明、母から電話で「お父ちゃんが息をしとらん」と言ってきたっけ。母は無理な延命をきらって、しばらく見ていたのかもしれない。

墓に手を合わせて、「おやじ、母はどんどん暴走がひどくなるわい」と愚痴った。

P1050427.jpg P1050428.jpg
また、今日は葡萄の講習会。池町さんところの圃場はきれいだ。
あと数日、摘み房を頑張らんといけないが、台風がきてしまった。明日はずぶ濡れでやらんといけんなぁ。

posted by ultramomosan at 20:10| Comment(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年06月12日

肋骨

先だっての畦石垣崩壊事件の緊急対応で鍬を振り回した日から、背中というか肋骨の11・12番あたりがいたい。

ずっと、だましだましやってきたが、今日の房数切り込み作業で、決定的になったみたい。
帰りの車では、息を止めてブレーキを踏んでも、ハンドル操作が止まってしまった。痛い。
咳やくしゃみは最悪・・・全身に力をいれて構えるも、激痛が・・・
posted by ultramomosan at 22:29| Comment(0) | 日記

2013年05月31日

5月は350km

昨日の石垣崩壊事件への対応の際、泥田で鍬を振り回して奮闘したため、背中の筋を痛めたらしい。体を捻りながら引くもしくは膝を高く上げる動作をすると、背中側肋骨の11番12番あたりに鋭い痛みが走り、しばらく動きが止まる。
まいったなぁ。
5月は忙しかったが、よく走れた。目標には届かなかったが、15km×10回、14km×11回、36km×1回、20km×1回、合計350km程度。来月は最低100kmは伸ばしたい。
本格的に走れ出して一カ月。ランニング・フォームはずいぶんよくなってきた。狭くなってきたストライドを伸ばす意識で練習に取り組んだ成果かもしれない。
ミムラさんと走り出して、彼の大きなフォームに合わせて走っていたせいか、トレイルに入っても、最後まで「走ってる!」感じになってきた、ただ、苦しいけど。
ミムラさんは偶然だけど、実家近くの老舗の息子さん。高校は陸上部で短距離(私と同じ!)だったが、高2の頃から次第に見えなくなり、いまは光覚ありレベル。でも、明るくて素敵な男性です。ああいうのをイケメンていうのかなぁ。
年内には、ハーフくらいは走りたい、と話してる。まずは10q45分が目標。

今日は、葡萄棚で4回目の病害虫防除。背中の痛みで、うずくまること何度か。
イル・ターボロの庭のオリーブに花が咲いた。

P1050271.jpg P1050272.jpg
posted by ultramomosan at 12:50| Comment(0) | 日記

2013年05月14日

芽かき3回目、耕耘終了

昨日今日と3回目の「芽かき」。1座1新梢に決定・・・ほぼ。
まだ、不揃いが多く、3割位は花穂をつけず燃料工場になってもらうことになる。

明日、数を調整して、今年の房数を掴む。

稲の方は、1枚だけ残ってた前の2反田を耕耘。ついでに小豆に添削した坂の上の1枚も引いた。草刈も半分は済ませたので、下半分を明日くらいで刈る。

母の野菜(トマト・ナス・イチゴ)の屋根を立てた。
母の守も忙しいと、つい言葉が荒くなる・・・反省。

今朝は、久し振りに気持ちよく半田山を走ってきた。
昔はよくあんなふうに裸んぼで走ってたなぁ。

posted by ultramomosan at 22:32| Comment(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年05月11日

第26回東日本震災チャリティラン

5月はGWまっただ中が第一日曜日だったので、一週ずらせて開催。
暑かった〜最初は雨とか言ってたが、このところ前倒しで天候が動いてゆく。

今回の参加者は39人。
まだまだ、初参加という人もいて、いろいろあるんだ。
posted by ultramomosan at 22:23| Comment(0) | 日記

2013年05月09日

2回目の病害虫防除、田圃耕耘

1回目の防除がタイミングが遅くなり、できなかったが、2回目の方は間違えず実施。
午前中、噴霧器を背負って、頭をぶつけながら、棚の中を行ったり来たり2時間も中腰移動。これがなければ、葡萄つくりもそれほど苦にならないのですがね・・・
でも、葡萄はこの二日でまた成長が著しい。成長の速いの遅いの、いろいろあるから揃えるのが難しい。
P1050127.JPG P1050135.JPG 

午後は、昨日に引き続き、今日もトラクタ仕事。
7割ほどは昨日までに済ませたので、今日は台形(田中下)と長田(120m)。かなり轢けるようになった、とくにコンクリ畔は1cm以上までぎりぎりに轢ける様になり、「ほとら打ち」という母の仕事がなくなったと思う。

それにしても暑い一日、30度越えだったらしい。

posted by ultramomosan at 19:01| Comment(0) | 日記

2013年05月08日

田圃の耕耘

午前中、歯医者。

午後から、田圃耕耘。金付面ほぼ5反に4時間。
日に焼けた、暑い1日だった。

昨日、芽かき2回目の続きを実施。東の圃場は成長が揃っているので、1座1芽に絞った。
前の圃場は、不揃いにつき、成長の速いものを落とした。1列〜8列で約100本ほど。
「もったいない!」という母の悲鳴が響いた。
P1050120.JPG P1050119.JPG
posted by ultramomosan at 19:03| Comment(0) | 日記

2013年05月06日

苗代作業、芽かき2回目

苗代、1町(1ha)分、200箱の苗。
P1050100.JPG P1050101.JPG

苗代が午前中に終わったので、2回目の芽かきを実施。1列〜5列まで。難波さんからヤマ・ソービニョンの苗を二本いただいたので、植えつけた。成長すると一本から50〜70kgの葡萄ジュースがとれるという。
P1050115.JPG P1050118.JPG
posted by ultramomosan at 18:57| Comment(0) | 日記

2013年05月04日

納骨、東本願寺 5月3日4日

壌土真宗本願寺派は、本山の東本願寺にも納骨するらしい。
久し振りに、義弟夫婦とエクシブで泊り。
初めてここの中華をいただいたが、うまい!
お変わり4杯してしまった。

P1040993.JPG P1050046.JPG
posted by ultramomosan at 18:52| Comment(0) | 日記

2013年05月02日

芽かき@ 5月1日2日

芽かき@を終えたところで、霜注意報。
父の遺した孟宗竹とオガクズ+灯油の霜対策灯篭を試したが、うまくゆかず。
近所の先生がくれたアドバイス「練炭」。
家に残ってた植木鉢10個に練炭を入れて午前3時に着火。
結局、明け方は雨になり霜は降りなかった。

P1040972s.jpg P1040982.jpg
posted by ultramomosan at 18:48| Comment(0) | 日記

2013年04月30日

大会は素晴らしい

さくら道、UTMF、萩往還・・・ウルトラの大会が続くこの季節。
全力を尽くす大会は素晴らしい、感動も、達成感もほんとうにウルトラ級だ。
が、それらの良さとはべつに、考えないといけないことも多い。

広島〜長崎Inter National Peace-Run, 90年〜96、一年の休みを置いて5回主催運営した。今、思うとよくあんな大会を運営していたものだ。
開催費用は200万円くらいだったろう、参加者からのエントリーフィーはほとんどなく、何度かスポンサーに恵まれた年もあった。この間、様々な国からウルトラランナーがやってきた。あのクウロスも、招聘を打診してきた。
一人のランナーを車一台サポートクルー4・5名でガイドし、真夏の国道を毎日100マイル走る。
熱中症、交通事故、サポートカーの事故、考えただけでも、ほんとうに大したことがなくてよかった。今、そう思う。危ういことは何度もあった。
トンネル内の転倒事故、熱中症、軽い交通事故・・・ほんとに大事にならなくてよかった。

その轍があったから、その後の大会の安全を一番に考えるようになった。
でも、ランナーとしての気持ちもわかるので、いつも責任との間で葛藤は起こる。

今回の「さくら道国際ネイチャーラン」、UTMFともに大事なくてよかった。
ただ、さくら道の方は危なかった。気象の異変は分かっていた。異変がなくてもあの国道は危険がいっぱいだ。深夜の国道は交通量も多く、疲れ果てたランナーは足取りも危うい。そこにきてあの天候異変。ランナーにもドライバーにも、大事故の危険性はとても高かった。

スポーツの大会で事故は起こってはならない。事故が起これば、競技者の生活は狂う。故障が長引けば、大きければ、人生さえ大きく狂う。ましてや万一のことがあれば、家族の人生すら狂うのである。
できる限りの危険回避。これが大会を運営するものの責任である。

今回の私らのマラニック・・・6人のランナーを無理やり収容した。あのまま、ほっておくと体調を崩すと思われたから。楽しかるべきマラニックで、そんなことがあってはならないから。アドベンチャーコースも、本人が望むなら・・・ということで認めている。

今回の「さくら道」、運営責任者には猛省をしてもらいたい。夜間サスペンド、中止などの措置があってしかるべきだったと、私は思う。

トレイルランにも同じことは言える。日本を代表するランナーであっても、そのあたりの危機管理がどうも・・・と感じる。

続きを読む
posted by ultramomosan at 22:23| Comment(0) | スポーツ全般

歩き遍路・伊予編(三間・宇和〜大洲〜内子)

久し振りの歩き遍路旅、いつものメンバー。

P1040805s.jpg P1040871.jpg

メンバーに故障者が出たりして、初日以外は2組に分かれて歩いた。
私らは2日目は、大洲から別格本山の金山出石寺を往復の約30km、3日目は宇和町から、大洲を経て内子までの32km。出石寺は標高800m。
前夜、UTMFのゴールから完走の声を聞いたりしていたので、ちょっとテンションがくなり、ついついペースが速くなった、なので、カナダさんと妻は、きつかったようで・・・すみません。

しょにちの歯長峠、出石寺道、ともに素敵なトレイルだった。宿毛を出て、愛媛県に入ってからは、ほんとうに手入れされた遍路道が続く。ランニング遍路は高知県窪川で止まったままなので、何回かに分けて、早く追いつきたいものだ。

67kgあたりまで落ちてた体重が、遍路のおかげで69kgに戻ってしまった。
66kgまで落とさないと、故障の原因になるので、5月前半までは、距離があまり伸ばせなさそう。40km程度で、抑えて行こう。
6月中になんとか100qを踏めるように持って行き、7月は24時間を2回程度はやりたい。

ウェイト練習も入れておかないと、肩と胸の筋肉が落ちているので、ザックの荷重に耐えられなくなりそうだ。

写真
posted by ultramomosan at 19:33| Comment(0) | 遍路

2013年04月26日

100マイルトレイルを走る君達に

100マイルはトレイルランですが、ウルトラマラソンです。
痛いのはあたりまえ、苦しいのもあたりまえ、誰も助けたり代わったりしてはくれません。前に進むしか、一歩づつ走るしかゴールする(苦しみを終わらせる)方法はありません。
すべては、あなたが自分で選んだことなのです。

ただ、多数の応募の中から出場できることになったあなたには責任も伴うのでは?
「簡単に投げ出さないでください」
・・・これは出場できなかった多くの人からの願いです。
「思いっきり楽しんで、全力を尽くしてください」
・・・これは大会を支えている人々とあなたを支える人達の願いです。
「道を大切にしてください」
・・・これは古来より道を守る育くんで来た人々の願いです。
「怪我をせず、無事にゴールしてください」
・・・これは、すべての人達の願いです。

スタートするとき、あなたの中にいるのは希望に輝くあなたです。何時間かすると、もう一人の影のあなたが現れるでしょう。
影のあなたは言い出します、「歩こう、もうちょっと休もう」と。
調子が悪くなると彼は言います、「痛みがひどくなったらどうしよう、もうやめたい、次回はしっかり練習して参加しよう・・・」と。
しだいにその声は大きくなり、正論に聞こえてきます。

ですが、あなたが耳を傾けるべき相手は、影ではなく、スタートの時の輝くあなたです。
ただ苦しいだけなら、ただ痛いだけなら、投げ出さないでください。
痛みや苦しみは一時のことです。24時間くらい我慢すれば、終わるのです。何日も続きはしません。
でも、やめてしまった悔しさと後悔は、何年もあなたを苛みます。
こういう大会は次のチャンスがあるという保証はありません。

もう一度、頑張ってきた日々を思い出して、自分の時間とチャンスを大事に、がんばってみてください。

ゴールし、輝くあなたをみんなが待っています。
ふぁいと!
posted by ultramomosan at 08:46| Comment(0) | 日記

2013年04月25日

母の定期健診

今日は母のひざの関節の左膝一年、右膝半年の点検。
異常なし。

父の一周忌の膳付けを選びに行く。

午後から、残っていた屋根覆いの紐かけを実施。
末端処理も修了。

普及所の新指導員、明日、見に来てくれる予定。
posted by ultramomosan at 21:29| Comment(0) | 日記

4月24日雨・葡萄講習会

終日、雨。
葡萄の講習会(田辺・新指導員)
今年の県の新規補助事業実施に、苗木が間に合わず。JA・普及所は信用できない。
夜、母が検診のために岡山へ来る。
posted by ultramomosan at 21:25| Comment(0) | 日記

4月23日葡萄棚の屋根覆いをかける

快晴、葡萄棚の屋根にポリの覆いをかける。(一部の紐かけがのこり)
昨日、芽が大きくなっているので、石灰硫黄合剤の散布をやめるように、というアドバイスあり。ショック!
夜、Aboワインを持ってが来る、約束した記憶なし(^^;
posted by ultramomosan at 21:22| Comment(0) | 農業:葡萄・稲作

4月22日マラニックコース清掃(月曜)

07:30 コース清掃・ウルトラ部分終了(一部除く)
15:00 稲毛さん部分、赤木さん部分収容
19:00 UTMF壮行会、飲みすぎ
posted by ultramomosan at 21:19| Comment(0) | 日記