2013年03月01日

"The Complete Walker" by Colin Fletcher

Yet "think" doesn't seem to be quite the right word.sometimes,when it was a matter of making a choice,I don't believe I decided what to do so much as discovered what I had decided. It was as if my mind, set free by space and solitude and oiled by the body's easy rhythm, swung open and released thoughts it had already formulated. Sometimes, when I'd been straining too hard to impose order on an urgent press of idea, it seemed only as if my mind had slowly relaxed; and then, all at once, there was room for the idea to fall into place in a meaningful pattern. (from "The Complete Walker" by Colin Fletcher)

コリン・フレッチャーの名作を読み直し、というか"The Complete Walker IV"(2010版)を読んでいる。ウルトラライトについても触れられており、彼の遺志はっしっかりと引き継がれている。「市場は流動的である」という指摘は、今のアウトドアメーカーの隆盛変遷をそっくり言い当てている。当時はなかったノースフェイス社の変わりようも、市場原理の流れの中では、ごく自然なことなのだろう。

ただ、私は大企業の思惑には乗らないでいたい。所詮は道具である。高機能なものになればなるほど、短命で故障が起こりやすい。シンプルで逞しく使用方法が自在なものを大切な「道具」として、ともに旅したいものだ。

 上のコリンフ・レッチャーの序文”Why walk ?”のこの一節は、まさに同感。私も、同じことを、「マラニックのススメ」(創文企画)に書いている。走ることも、歩くことも変わりはしない。心が解放されることに変わりはない。
タイムや勝負に頭を奪われ、苦しみや痛みに思考が停止するとき、心はその奴隷となる。

トレイルランの是非や自分のレースのことなど、取るにたらないことだ。
自分がほんとうにやりたいことは、シェラの自然の中を、ただ歩くことだ。川を一日眺めていたり、大きな岩の上て風を見つめることだ。トレイルから外れ、そびえ立つ峰を自由に走り回ることだ。

ことしは、そのことをじっくり感じてこよう。

P1040590.jpg 
posted by ultramomosan at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア

あわや大事故

今日は雨になる、というので、午前中に農作業を済ませようと、めったに使わない高速道で実家にむかった。岡山ICから西進。岡山JCT手前のトンネルの追越レーンを走行中、後からトラックが迫ってきたので、合図を出して走行車線に。
変更しかけたときセンターライン上に脚立を発見、ブレーキも急ハンドルもできない状況で、
「跨げ!」とハンドルを固めたら、ゴッゴゴゴ・・・と車が振動した。
トンネルを出てすぐ左に、◎○工業所だか工務店だかのワンボックスが止まってる。
「コイツか犯人は!」と思いつつ、そのまま路側帯へゆっくりと停止。すると前には、ハイエースが停止している。間もなく、後に中トラックも停止し、その後ろにもバンが続く。

#9910に電話して、状況を説明した。10分くらいでパトカー到着し、検証。
30分後には発進できたが、総社PAでチェックすると、まぁバンパーくらいかと判断。実家へ戻ってみると
P1040586s.jpg

あのときハンドル切って避けてたら、避けきれず脚立を踏んで跳ね上げてたろうと思う。跳ね上がった脚立の落ちることを想像したら、冷や汗がでた。
あんなことで、絶対にやめてよ。積み荷のチェックはしっかりやれ!

結局、バンパ−、タイヤとホイルは交換してもらうことに。
ついでにドライブレコーダーの手配もした。

posted by ultramomosan at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月24日

ガラス吹き体験

今日はムサビ会の「吹きガラス体験会」で、有松さんの「透明館」に。
初めて自分のグラスを作ったが、おもしろ〜い!
あとからあとから、参加者が増えてきて、ピークは50人くらいになってた。それにしても、形を造るっておもしろい。病み付きになる人が出るのは、わかるなぁ。


今日は東京マラソン、吉備路マラソン。合わせて5万人くらいが走った一日。
凄い時代になったもんだ。

それにしても、BS-FUJIの中継で思ったけど、小倉なんとかという物知りキャスターって、ほんと何でも知ってる、エライ人だ(^^;。なんで、あんな人が解説というかゲストというかやってるんだろう。アナウンサーも勘違い発言が多いし、フジテレビってそういう局だったのか。メイン解説のセコさんは、まぁいつものとおり(^O^)。

posted by ultramomosan at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

本剪定3日目

昨日土曜日、3回目の剪定、4〜5列終了。全体のほぼ半分ほどが済んだ。
まだまだ、はっきりわからないままやっている。切る位置は問題ないはずだが、左右の枝との関係がイマイチよくわからん。芽が出なかったり、間違えたときに困ると考えたり、ここで切っておけば左右のどちらにも対応できる、とかいろいろ考えすぎて、結局一節長く残しがちなところが、まずいんだろうな。

posted by ultramomosan at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年02月20日

剪定2回目(本剪定)

今日は葡萄の本剪定。同時に、気根と一昨年の残枝の切除。1列〜2列完了。

ただ、芽数の調整はしていない。朝、おっかなびっくりでやってたところ、普及所指導員先生が覗いてくれたので、やり方にやや自信を持てた…でも、それでいいのかどうか。

また頭を何カ所かガツンをぶつけて血が出た。手袋をハンガロテックスにしたら、めちゃ具合が良かった。靴もクロスハイカーは良いのだが、やっぱりもったいないくて、イズミヤを覗いたら、1,500円!というのがあって、はいてみたらぜんぜんOKだったので、買った。防水なので、防除にも威力を発揮してくれそうだ。

488004_409427569131704_6065025_n.jpg 253045_409501139124347_894632196_n.jpg
posted by ultramomosan at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年02月14日

葡萄作業開始〜仮剪定

2月12日13日、葡萄の(仮)剪定を開始した。
2月6日の講習会のあと、遍路や雪があって、今週になった。

まずは昨年の結果枝の長さを20%ほど残して一気に切落とした。
P1040537.jpg P1040539.jpg

切落とした枝は25束。これは後日焼却するので、作業置き場に。
落ちた葉をかき集めるのは、母がやる!というので、やってもらった。
それにしても、この仮剪定は気を遣わずただ一気に切り落とすだけなので、手が痛い。関節炎になりますから・・・という指導員の注意に「そんなぁ」と思ってた自分が甘かった。

次の本剪定は、芽座を決める作業もあるので、時間がかかる。ということは、腕と首が疲れるわけで、農業は体を使うなぁ。
posted by ultramomosan at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年02月07日

ランニングの世界に

ランニングの世界15号の原稿、ひとまず書き上げた。
校正と読後感を聞くために印刷完了。170文字ほどオーバーなので、細かい修正は明日。
posted by ultramomosan at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月06日

第一回葡萄講習会

今日は真庭農業普及所の指導員による今年最初の講習会。

剪定の注意事項、新しい剪定バサミ(バッテリー式)の宣伝、害虫の対処方法と防除薬の説明・・・以上を農協で受講し、圃場に出て、実際に説明と指導を受けた。
budou03.jpg budou04.jpg budou01.jpg
圃場やレジュメではよくわかるのだが、家に帰って自分の樹を見てみると、首をかしげるばかり。父の17年の試行錯誤の結果、葡萄の枝は節だらけ、瘤だらけで、講習や先ほどの圃場のような生易しいものではない。

どこを切り、どこを生かせばよいか、頭を傾げすぎて首が痛くなった。
昨年、房をつけすぎたために樹が疲労してるような気がする。今年はどうなるか?
不安は大きくなるばかり。

posted by ultramomosan at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年02月03日

第23回東日本震災チャリティラン

今日は23回目の震災チャリティラン。次回は3月10日。
いつものことながら、この日(2月第一日曜)は参加者が少ない。近県だけでも両手では足りないくらいのマラソン大会、全国でも130以上の大会が開催されるので・・・。
参加者は20名。うち6名は一家族(^^)

来月で、日赤、NHKそのほか大きなところの震災義捐金窓口はなくなるらしい。
新年度から、どうするか(−−)?

P1040376.JPG

それにつけても、原稿が進まない。あと1週間(泣)。
posted by ultramomosan at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年02月02日

金山寺本堂跡の掃除

今日は午前中、総合グランドで練習会、ももたろうパートナーズ。ブラインドランナーは7名、伴走者15名!。ということで、私は今日初めて参加の今井さんにあれこれ指導しながらの伴走。

午後から、1時に金山寺着をめざし45分前に家を出た。暑かったせいか重い走りで、河原を回って金山寺下の山陽道高架をくぐったらもう1時。ただひたすら登り続け、本堂に着いたら10分遅れだった。情けない!
境内には、会陽の愛好グループが14組ほど集まり、リーダーの林グループを中心に、てきぱきと分担して、掃除片付け組と土のう作成運搬組に分かれ、黙々と動く。
焼け落ちた瓦や柱など、撤去してよい部分を人海戦術で運び出す。新しい土を土のうに詰めて、本堂脇まで運ぶ。

1時間ほどで、ほぼめどが付き、3時過ぎまでには、子供会陽のために境内の掃き掃除が終った。
その後、会陽グループは今夜行われるはずだった会陽を形だけやるんだろう、その準備を始めた。

私は、腹が減ってふらふらしながら、河原を走って帰った。
会陽グループの皆さんは、礼儀正しく、陽気で、ざっくばらん、まぁちょっと下品で楽しかった。林グループの若頭が見送ってくれた・・・なんでかわからんが。
CA3E0563.jpg
posted by ultramomosan at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

半田山トレイル

岡山大学演習林までのルートは
rout.jpg

演習林の入口に鉄のゲートがあります。矢印に従い、往路は左回りで、スタート地点まで来たら、折り返して復路、で合計9.7kmになります。
rout.jpg

車は総合グランドが無難です。くわしくはルートラボに!
http://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=7263c95997eb29c2aa85668dc4be7f2e
posted by ultramomosan at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

クリス、ランニングの殿堂入り

gibson2.jpg

1990年のクリスマスから年末は、ブッシュ父の始めた湾岸戦争の前夜だった。
その頃、私たちは初めてカリフォルニアにいた。クリスマスから新年にかけて行われたマルチディ・レース”Gibson Ranch Mutiday Classic”の6日間競走に参加するため。インターネットのない時代だったので、レンタカーやホテルの手配など、けっこう面倒だった。なにより、同じところを6日間もグルグルと走り続けるウルトラマラソンは初めてだった。

その大会中、日本から参加した私たちに声をかけてきたのが、 Sacramento Buffaloo Chips Running Club のメンバーだった。24時間部門に参加していたLee Rhodesさんが、クラブのメンバーの日系人Christine Iwahashi夫婦に知らせ、彼らが私たちのテントにやってきた。あれこれと面倒を見てくれ、することのない妻を彼らの自宅に連れていって休ませてくれたり、レース後は私たちを自宅に何日も泊めてくれたり・・・それはそれは驚くことばかりだった。オーストラリアで受けたカルチャーショックも消化しきれないうちに、また驚くことばかり。
そのとき、わたしと同じ年齢のChrisが女子マラソンのオリンピック代表選考に残っていることを知って、またびっくりした。彼女は2時間45分で走るランナーであり、U.C.Davisの細胞学の研究者、夫はCSUSの心理学教授。そんな彼らが私に家を全部案内し「好きに使っていいから」と、私達を残してクラブのワークアウトに出かけてしまったこと。これが一番の驚きだった。
 以来、22年。私のWSER参加をずっと応援し、一緒に南アフリカのComrades Marathon に参加し、英マンチェスターに交換教授にいた年はスイス縦断レースの後スパルタスロンまで、長期間一緒に過ごした。家族ぐるみの付き合いで、彼女のお母さんの岡山でのルーツ探しもいっしょにやった。

そんなクリスが、骨肉腫になったのは2010年。年末に見舞いに行ったとき、酸素ボンベを付けた車椅子にのって薬の副作用に苦しむ彼女を見るのが、ほんとに辛かった。完治ではないけれど、一年後には走れるまでに回復したが、薬の副作用で股関節がまともに動かなくなり、ビッコを引きながら走る姿を見て、涙が抑えられなかった。サブ3を60回も達成したマラソンランナーが10kmを80分近くもかかる、それでも走る彼女。
 
この日曜日、彼女がSRA(サクラメント・ランニング協会)の殿堂入りを果たした。今年の同じ殿堂入りのメンバーには、東京オリンピック10000mで豪のクレイトンを抑えて優勝したビリー・ミルズ、アメリカ100kmの伝説レイ・クラーク、スーパーおばあちゃんヘレン・クラインなどがいた。

知り合えたこととに感謝し、彼女の努力と家族の絆に心から敬服したい。
IMGP6888e.JPG IMGP6866e.JPG
posted by ultramomosan at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

昨日は雪

28日月曜日は母の定期検診。日曜日に久しぶりに岡山に出て来て、我が家泊。夕方に着くやいなや、機関銃のようなおしゃべりが始まり、眠るまで続いた。もう何度も聞いた話ばかりだけれど、少しづつ脚色がなされているところが、進歩なんだろうな。

昨日の検診では異常はなし。極めて順調で、次回は4月末の検診となった。

母を実家まで連れて帰る車の中でもおしゃべりは止まることがなく、眠くなってしまい「ヤバイ」と眠気覚ましのお菓子をバリバイ・・・。これがあるから体重が減らない(^^;

実家の圃場は雪で真っ白。今年一番の雪。
2月6日は、剪定の仕方について、農業普及所の指導員から講習があるので、聞きに行く。
P1040365.jpg P1040366.jpg
posted by ultramomosan at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業:葡萄・稲作

2013年01月26日

岡山でのトレイルランの集まり

Facebookで呼びかけられていた、「岡山でもトレランを盛り上げたい」という集まりに行ってきた。市内のcafeだけど、広くて、プロジェクター完備でいいところだった。

0002.jpg 0001.jpg
(Facebookの写真をお借りした)

ウェスタンステイツの写真を見てもらいながら、いろいろとお話をさせてもらったが、(こんな時代が来たんだ)と、ふと目頭が熱くなった。
1990年のクリスマス、カリフォルニア・サクラメントで行われた6日間レース "Gibson Ranch Multiday Clasic"に参加したとき、知り合ったChrisとGeorge。彼らの家に泊まらせてもらい、Georgeのバックルコレクションに、山を走ることをこんなに楽しんでる人がいるんだ、と感動し、早速、91年6月のWS100にエントリーした。
しかし、資金の問題であきらめていたSydney〜Merbourneレースに、スポンサーが見つかり急に参加できることになり、参加。5月いっぱいでオーストラリアから帰国し、続いてのWS100参加は、仕事も資金も許してはくれなかった。

はれて1992年のWS100に参加し、Chris&Georgeのおかげで、23時間内で完走することができ、日本人初のシルバーバックルを腰にすることができた。それから4年ほどだろうか、雑誌「ランナーズ」にトレイルランWS100の事を書いた。依頼8回、カリフォルニアの山を走りつづけ、2000年には、John Muir Trailをトレイルランで走った。雑誌の記事にも関わらず、トレイルランニングは90年代にウルトラマラソンのように盛り上がることはなかった。

爆発的なトレランブームが始まったころ、私は沈みゆく会社という船の中で悪戦苦闘していた。

2009年2011年とJohn Muir Trailのスルーハイクをし、2011年には、Leadville Trail 100でやっと、トレイルランに戻ることができた。

いろいろあるけれど、自然の中を楽しみながら走る人たちが増えることは、素晴らしいことだと思う。
トレイルランの健全な発展を、心から祈りたいと思う。
posted by ultramomosan at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング

2013年01月20日

さぬきうどんの旅

1月19日は、香川県坂出市〜満濃町のうどん屋さんを巡りながら、約52kmの「うどんラン」に参加した。
posted by ultramomosan at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング

2013年01月17日

久々の右手伴走

このところ左手伴走ばかりやってたので、右手は久しぶり。五十肩が…(^^;
吉備路マラソンの一か月前に、レースを想定しての30km以上の練習は、基本通り。
補給をあまり行わず低血糖に追い込むことで、体にレース前の準備をさせ、長時間のランニングに耐えることを、筋肉と頭に刷り込むことは、とても効果がある。

30kmまでは想定通り6分/kmペースで押せたが、ラスト4kmでの落ち込みは予想外に大きかった。準備不足はあるだろうけど、まぁ何とか4時間くらいでの完走は可能かと思う。ただ、最後に厳しくなってきたときに集中力を切らさなければ・・・と感じた。あの時期の、苦しいとか痛いとかは当たり前の事なので、それに頭がいっぱいになるようではいけない。一歩一歩に気持ちを集中させて走ることが一番大切だ。

どんなに苦しくても、命を取られたり大けがをすることはないし、せいぜい30分程度の我慢だ。そこで投げ出して楽になれば、一年間後悔し続けることになる。諦めれば、それまでの苦しい練習が報われないだろうから。

頑張ってください。
posted by ultramomosan at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月16日

岡山マラソンの波紋 その2

書きたくなかったけれど、独り言のメモとして記しておく。

先日の岡山県知事の発言「2015年秋に岡山県と岡山市で開催し、総社吉備路とはバッティングしないように・・・」が報道された。今日は、岡山県知事がわざわざ総社市長を訪問して、総社市長の前回の陳情を断った。いくつか不思議に思う点がある。

1:なぜ急に岡山県と岡山市だけでやるとなったか?
2:なぜ3万人規模の大会は安全上問題あるという判断をしたか?
3:なぜ吉備路と岡山で大会の住み分けができると判断したか?
4:10月〜12月西日本では大会が目白押しにもかかわらず、なぜ秋開催?

県知事は、この間まで何の意見表明もなさっておらず、岡山市長も総社との共同開催を喜ぶ意思表示をしていた。にもかかわらず、その岡山市を飛び越えての、独自開催表明となったか。
吉備路は山陽新聞がずっと主催に絡んできた経緯がある。われわれ岡山市民県民からすれば、岡山マラソンもやはり山陽新聞やRSKが関わって…と考えてしまう。でも、大都市の市街地を長時間交通規制してマラソンを運営するノウハウは岡山県警にも山陽新聞にもあると思えない。となると在京大手の広告代理店が後押ししてるのではないかと邪推してしまう。それなら山陽新聞中心の吉備路と協同するという案は、むずかしい。徳島マラソンと大塚製薬のように協力的で力のある協賛企業をどうやって取り込むか、これも地元だけでは難しいように思える。岡山市を飛び越えて(あるいは岡山市が黙ってしまう)理由は、このあたりの力関係ではないか。
警察はたいへんだ。秋に岡山マラソンがあり、12月に山陽女子があり、2月に吉備路マラソン。いつまでこの厳しい状況が県警で受け入れられるんだろう。JTU時代、警察庁との対応から学んだから言うけれど、警察庁もこのタイプのマラソンが増加することをこころよく思ってはいないだろう。
開催には地元の理解と応援、大勢のボランティアの参加が欠かせない。それらの後押しのない大会は警察庁にとっても認めづらい。長年続いている吉備路や山陽女子でさえ、不満はよく耳にする。岡山市民に、東京や大阪のような大会を支える市民の熱意があるだろうか?

大阪、神戸、京都、徳島、熊本・・・いろいろな大会があり、想像しただけでもイメージが浮かぶ。これらの他のマラソンと比較して、岡山マラソン!と考えたとき、参加してみたいというイメージがわくのかなぁ。

ともあれ、日本各地で流行っている観光事業としてマラソンを選んだ岡山県。
ずっと前に同じようなことがなかったろうか?
ディズニーランドが成功し、ハウステンボスやスペースランドなどが盛り上がった時期、在京の有名アドバイザーの口車に乗せられ、岡山県はチボリ公園を作った。知事や副知事が社長を務め、多大な退職金を受け取り、最後は大赤字を出して11年で幕を閉じた。

まぁ、それでも一大観光イベントとして県がやると決めたことを、あれこれいってもしょうがない。
吉備路マラソン参加費5,000円、岡山マラソン参加費10,000円(たぶん)。出費が痛いね。

シンポジウムでもあったけれど、これからは独自色のある大会を開催する方がいいなぁ。
でも、私はボランティアやりますよ!
posted by ultramomosan at 22:56| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月13日

岩井温泉にて

CA3E0022.jpg
さて、日置桜をいただきます。
posted by ultramomosan at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月08日

岡山ランニングフォーラム

これをいい機会に、次回はテーマを変えて第二回をやりたい。
できれば多くのランニングクラブにも参加していただいて、それこそ、岡山マラソンに意見をいう場を持てたらいいのだけれど・・・

以前から、そういう場を探していたし、県や市や、総合グランドに希望を言える場を作れないものか、と考えていたが、やはりNPOしかないだろうな。
NPO設立を考え、ほんとうは今回その案内を会場でしようと考えたが、いろいろなことを考えすぎても…と、止めた。

ランニングについていろいろ考え、研究し、発表する場であり、ランナーの考えや要望を行政に伝え、より安全で楽しいランニングを社会に広める役に立てるNPO。

そのためには、理解があり情熱を持ったランナーの賛同が必要・・・

シンポジウムのまとめはこちらsympo_repo.pdf
posted by ultramomosan at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日

高梁市長訪問

昨日は、年始ということで高梁市長に会いにゆき、マラニックへの協力強化をお願いした。
    *
4月の開催について市役所訪問。今年の新年の挨拶と、今年の協力内容について、市長さんと突っ込んだお願いをした。
予定が伸びて、小一時間の話し合いとなった。今年より高梁市との共催になる予定。
現在ウルトラは50名弱の申込み。第一回の受付のお返事を現在準備中。
P1040293s.jpg
posted by ultramomosan at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記